ゼノア化粧品/ゼノア化粧料の通販サイト【ステラグレイ】 実店舗 町田

トップページクリーム成分説明

※成分については一般的な性質を記載しています。化粧品に配合された場合、必ずしも同一の用途、性質を有するとは限りません。例としては、油剤などは、その脂肪酸が乳化の補助をしつつ、エモリエント、クリーム基剤となることがあります。

※ 当サイトに掲載されている各商品の成分構成は最新情報です。ゼノア商品は随時配合成分を見直しているので現在流通している商品と一部表示が異なる場合がございますのでご了承ください。

※ 現在ゼノアが使用している成分は長く使用され安全が確認されている中で良好なものを選択し、また使用に制限があるものは基準値の1/10を目標値として製造しています。 しかし、使用成分の安全性に批判が高まった場合、事実が判明するまで成分の見直し、変更、減量といった対処をしてまいります。尚、商品パッケージは変更シールにて速やかに対応いたします。また、安全性が科学的に確認出来た場合には再度使用する場合もございますのでご理解いただきますようお願いします。

クリーム

クリームトゥエンティ

日本薬局方常水を蒸留するか、又はイオン交換樹脂を通して精製した水。精製水。*化粧品に用いる水は衛生的な面の他、種々の成分の溶剤にもなるので、溶解度の関係、経時変化による沈殿、脱色などの影響の他、皮膚に対する作用を考え、規制は厳しい。
ステアリン酸 脂肪酸。天然の油脂中に広く存在する。クリーム製造には欠かせない原料で、延び、硬さに大きな影響を与える。クリーム形成剤。
ミネラルオイル 柔軟性があり、延びが良い。皮膚表面に耐性皮膜を形成する。
トリオクタノイン 油性感を改善したさっぱりした油剤。エステル油。
トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル 通常の油脂より通気性を得たさっぱりとした油剤。エモリエント、クリーム形成機剤として有用。粘性が低く、酸化に安定している。他の原料ともよく混和する。エモリエント剤として。
ベヘニルアルコール ナタネ油由来のアルコール。炭素数が大きい(固く、粘りが出る)のでアルコールよりは油脂類の性質に近い。融点(熱で溶け出し液状になる温度)が高いので温度耐性の良い商品ができる。

(以下は1%未満配合成分)

スクワラン 皮膚に対しよく馴染み、べたつきがなく感触のよい油。エモリエント剤。
パルミチン酸セチル ロウ類。光沢改良剤。および粘り気を増加させる。
ラノリン 吸着精製ラノリン。活性白土という顔料を用いてラノリンの不純物を取り除くことで刺激性が緩和された固体のワックス。クリーム形成剤として有用。
ラノリン脂肪酸 ラノリンを加水分解した物質。製品の油剤を安定させるのに良好。
   
パルミチン酸デキストリン デンプン化合物。粘度調整として。
フィトステロール 植物油脂から抽出して得る。コレステロールの代用として普及。皮膚によくなじむのでエモリエント剤として有用。(ダイズステロール)
ミツロウ 粘着性を有するので、吸着性がよい。商品の延びを調整。
コーン油 トウモロコシの胚芽から得られるオイル。全般的に商品の延びを改善し、毛髪商品に配合すると毛髪にツヤを与える。ビタミンAを溶かし込む。
酸化チタン 紫外線散乱剤。白色顔料(着色剤)としても有用。
水酸化K 苛性カリ。アルカリ剤。各脂肪酸と中和させ、石けんをつくり水性原料と油性原料を乳化させる。乳化剤。
水酸化Al 顔料。天然ではギブス石に存在。化粧品へは、着色、収れんを期待し配合される。
グリセリン 植物、皮膚にも混在している保湿剤。製品の硬さや粘度を長時間一定に保持し保湿を補助。
マンニトール ビタミン、アミノ酸の安定剤。乾燥物マンナから単離して得られる糖アルコール。
カンテン 紅藻類から得られる天然高分子。粘度調整、粘結として。
ヒアルロン酸Na 保水性にすぐれていることから保湿剤として化粧品に用いる。ヒアルロン酸1グラムで水6リットルを保持するとされる。
フィチン酸 コメヌカ等から得られる。植物界に広く分布。酸化防止剤として。飲料などの褐色防止としても利用されている。
リンゴ酸 pH調整。酸性物質として。
グリチルレチン酸ステアリル 甘草より抽出。皮膚コンディションを整えるためクリーム類に配合される。
ビタミンA油 皮膚コンディショニング剤。
トコフェロール ビタミンE。自身が酸化しやすいので他の共存成分が酸化しにくい。酸化防止剤。
メチルパラベン 防腐剤として配合。
ブチルパラベン 防腐剤として配合。
香料 原料臭対策として配合。

クリームA−30

日本薬局方常水を蒸留するか、又はイオン交換樹脂を通して精製した水。精製水。*化粧品に用いる水は衛生的な面の他、種々の成分の溶剤にもなるので、溶解度の関係、経時変化による沈殿、脱色などの影響の他、皮膚に対する作用を考え、規制は厳しい。
グリセリン 植物、皮膚にも混在している保湿剤。製品の硬さや粘度を長時間一定に保持し保湿を補助。
ミネラルオイル 柔軟性があり、延びが良い。皮膚表面に耐性皮膜を形成する。
ステアリン酸 脂肪酸。天然の油脂中に広く存在する。クリーム製造には欠かせない原料で、延び、硬さに大きな影響を与える。クリーム形成剤。
パルミチン酸セチル ロウ類。光沢改良剤。および粘り気を増加させる。
セタノール セチルアルコール。用途はエタノールに同じ。溶剤として。

(以下は1%未満配合成分)

ハトムギ油 クリーム形成、エモリエント剤として。
キュウリ油 エモリエント剤。皮膚によくなじみサッパリした感触を与える。
スクワラン 皮膚に対しよく馴染み、べたつきがなく感触のよい油。エモリエント剤。
ミンク油 エモリエント剤。皮膚に対しよく馴染み、柔軟性を与える。
オリーブ油 皮膚に対してよく馴染むのでエモリエント剤として有用。
アボカド油 エモリエント剤。皮膚に対しよく馴染み、べたつきがなく感触のよい油。
イソステアリン酸 脂肪酸。クリーム製造には欠かせない原料で、延び、硬さに大きな影響を与える。クリーム形成剤。
ヤシ油 エモリエント、クリーム形成剤。皮膚によくなじみサッパリした感触を与る。石けんに適した脂肪酸を多く含むので中和反応に欠かせない油剤。
ラノリン 吸着精製ラノリン。活性白土という顔料を用いてラノリンの不純物を取り除くことで刺激性が緩和された固体のワックス。クリーム形成剤として有用。
ミツロウ 粘着性を有するので、吸着性がよい。商品の延びを調整。
モクロウ ハゼノキの果皮より得られる脂肪。融点(熱で溶け出し液状になる温度)が高いので温度耐性の良い商品ができる。
水酸化K 苛性カリ。アルカリ剤。各脂肪酸と中和させ、石けんをつくり水性原料と油性原料を乳化させる。乳化剤。
ビタミンA油 皮膚コンディショニング剤。
コーン油 トウモロコシの胚芽から得られるオイル。全般的に商品の延びを改善し、毛髪商品に配合すると毛髪にツヤを与える。ビタミンAを溶かし込む。
ダイズステロール 植物油脂から抽出して得る。コレステロールの代用として普及。皮膚によくなじむのでエモリエント剤として有用。
(ステアリン酸/リンゴ酸)グリセリル 油剤安定剤。クリームの油性原料と水性原料を乳化させる石けん成分の助剤。乳化補助剤として配合。
マンニトール ビタミン、アミノ酸の安定剤。乾燥物マンナから単離して得られる糖アルコール。
ラノリン脂肪酸 ラノリンを加水分解した物質。製品の油剤を安定させるのに良好。
   
リンゴ酸 pH調整。酸性物質として。
フィチン酸 コメヌカ等から得られる。植物界に広く分布。酸化防止剤として。飲料などの褐色防止としても利用されている。
トコフェロール ビタミンE。自身が酸化しやすいので他の共存成分が酸化しにくい。酸化防止剤。
エルゴカルシフェロール ビタミンD2。ビタミンA油と併用し皮膚コンディショニングを期待する。
グリチルレチン酸ステアリル 甘草より抽出。皮膚コンディションを整えるためクリーム類に配合される。
エチルパラベン 防腐剤として配合。
ブチルパラベン 防腐剤として配合。
香料 原料臭対策として配合。

クリームU−1

日本薬局方常水を蒸留するか、又はイオン交換樹脂を通して精製した水。精製水。*化粧品に用いる水は衛生的な面の他、種々の成分の溶剤にもなるので、溶解度の関係、経時変化による沈殿、脱色などの影響の他、皮膚に対する作用を考え、規制は厳しい。
トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル 通常の油脂より通気性を得たさっぱりとした油剤。エモリエント、クリーム形成機剤として有用。粘性が低く、酸化に安定している。他の原料ともよく混和する。エモリエント剤として。
ミネラルオイル 柔軟性があり、延びが良い。皮膚表面に耐性皮膜を形成する。
ステアリン酸 脂肪酸。天然の油脂中に広く存在する。クリーム製造には欠かせない原料で、延び、硬さに大きな影響を与える。クリーム形成剤。
BG アルコール類。保湿剤として。各種エキスの溶剤としても有用。
マカデミアナッツ油 クリーム基剤。エモリエント。
グリセリン 植物、皮膚にも混在している保湿剤。製品の硬さや粘度を長時間一定に保持し保湿を補助。
パルミチン酸セチル ロウ類。光沢改良剤。および粘り気を増加させる。
ホホバ種子油 液状のロウ。クリーム形成剤、エモリエント剤として。

(以下は1%未満配合成分)

ベヘニルアルコール ナタネ油由来のアルコール。炭素数が大きい(固く、粘りが出る)のでアルコールよりは油脂類の性質に近い。融点(熱で溶け出し液状になる温度)が高いので温度耐性の良い商品ができる。
マイクロクリスタリンワックス ロウの結晶化を防ぎ、液体油の発汗を防ぐワックス。
ウマスフィンゴ脂質 ウマ由来のセラミド。保湿、皮膚コンディショニング剤。
シロキクラゲ多糖体 キノコ抽出液。ヒアルロン酸同様、保湿性に優れる。phなどに安定している。
ヒアルロン酸Na 保水性にすぐれていることから保湿剤として化粧品に用いる。ヒアルロン酸1グラムで水6リットルを保持するとされる。
褐藻エキス 海藻エキス。数万種ある海藻から化粧品へは種類、抽出から4種類に分かれている。保湿、保護膜形成として。
ラノリン 吸着精製ラノリン。活性白土という顔料を用いてラノリンの不純物を取り除くことで刺激性が緩和された固体のワックス。クリーム形成剤として有用。
ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル 油性感を改善したエステル油。
イソステアリン酸 脂肪酸。クリーム製造には欠かせない原料で、延び、硬さに大きな影響を与える。クリーム形成剤。
コレステロール ほとんどの動物中に存在。皮膚によくなじむのでエモリエント剤として有用。
ジパルミチン酸アスコルビル ビタミンC化合物。皮膚コンディショニング剤、酸化防止剤。
グリチルレチン酸ステアリル 甘草より抽出。皮膚コンディションを整えるためクリーム類に配合される。
酸化チタン 紫外線散乱剤。白色顔料(着色剤)としても有用。
酸化セリウム カットガラスに配合させる紫外線散乱剤。サングラス等に配合され、熱を帯びるのを防ぐ用途もある。
シリカ 水に溶けず、熱や酸化に強い性質を利用し、顔料のコーティング剤、均一分散剤として利用される。
水酸化Al 顔料。天然ではギブス石に存在。化粧品へは、着色、収れんを期待し配合される。
ビタミンA油 皮膚コンディショニング剤。
エルゴカルシフェロール ビタミンD2。ビタミンA油と併用し皮膚コンディショニングを期待する。
コーン油 トウモロコシの胚芽から得られるオイル。全般的に商品の延びを改善し、毛髪商品に配合すると毛髪にツヤを与える。ビタミンAを溶かし込む。
トコフェロール ビタミンE。自身が酸化しやすいので他の共存成分が酸化しにくい。酸化防止剤。
フェルラ酸アルギニン 酸化防止剤として。
(ステアリン酸/リンゴ酸)グリセリル 油剤安定剤。クリームの油性原料と水性原料を乳化させる石けん成分の助剤。乳化補助剤として配合。
水酸化K 苛性カリ。アルカリ剤。各脂肪酸と中和させ、石けんをつくり水性原料と油性原料を乳化させる。乳化剤。
リンゴ酸 pH調整。酸性物質として。
プロピルパラベン 防腐剤として配合。
ブチルパラベン 防腐剤として配合。
香料 原料臭対策として配合。

ビューティシールド

日本薬局方常水を蒸留するか、又はイオン交換樹脂を通して精製した水。精製水。*化粧品に用いる水は衛生的な面の他、種々の成分の溶剤にもなるので、溶解度の関係、経時変化による沈殿、脱色などの影響の他、皮膚に対する作用を考え、規制は厳しい。
ミネラルオイル 柔軟性があり、延びが良い。皮膚表面に耐性皮膜を形成する。
ステアリン酸 脂肪酸。天然の油脂中に広く存在する。クリーム製造には欠かせない原料で、延び、硬さに大きな影響を与える。クリーム形成剤。
ワセリン 粘着性が強く被膜性があり、皮膚科ではアトピーの治療にも使われる。
セレシン クリーム形成剤。熱に強く、溶けて液状になる温度が高いので、商品の安定に有用。
オリーブ油 皮膚に対してよく馴染むのでエモリエント剤として有用。
ジフェニルジメチコン シリコーン。被膜形成として。
イソステアリン酸 脂肪酸。クリーム製造には欠かせない原料で、延び、硬さに大きな影響を与える。クリーム形成剤。
ベヘニルアルコール ナタネ油由来のアルコール。炭素数が大きい(固く、粘りが出る)のでアルコールよりは油脂類の性質に近い。融点(熱で溶け出し液状になる温度)が高いので温度耐性の良い商品ができる。

(以下は1%未満配合成分)

モクロウ ハゼノキの果皮より得られる脂肪。融点(熱で溶け出し液状になる温度)が高いので温度耐性の良い商品ができる。
ラノリン 吸着精製ラノリン。活性白土という顔料を用いてラノリンの不純物を取り除くことで刺激性が緩和された固体のワックス。クリーム形成剤として有用。
水酸化K 苛性カリ。アルカリ剤。各脂肪酸と中和させ、石けんをつくり水性原料と油性原料を乳化させる。乳化剤。
ビタミンA油 皮膚コンディショニング剤。
コーン油 トウモロコシの胚芽から得られるオイル。全般的に商品の延びを改善し、毛髪商品に配合すると毛髪にツヤを与える。ビタミンAを溶かし込む。
(ステアリン酸/リンゴ酸)グリセリル 油剤安定剤。クリームの油性原料と水性原料を乳化させる石けん成分の助剤。乳化補助剤として配合。
マンニトール ビタミン、アミノ酸の安定剤。乾燥物マンナから単離して得られる糖アルコール。
リンゴ酸 pH調整。酸性物質として。
トコフェロール ビタミンE。自身が酸化しやすいので他の共存成分が酸化しにくい。酸化防止剤。
フィチン酸 コメヌカ等から得られる。植物界に広く分布。酸化防止剤として。飲料などの褐色防止としても利用されている。
エチルパラベン 防腐剤として配合。
ブチルパラベン 防腐剤として配合。
香料 原料臭対策として配合。

BSクリーム2

日本薬局方常水を蒸留するか、又はイオン交換樹脂を通して精製した水。精製水。*化粧品に用いる水は衛生的な面の他、種々の成分の溶剤にもなるので、溶解度の関係、経時変化による沈殿、脱色などの影響の他、皮膚に対する作用を考え、規制は厳しい。
スクワラン 皮膚に対しよく馴染み、べたつきがなく感触のよい油。エモリエント剤。
オリーブ油 皮膚に対してよく馴染むのでエモリエント剤として有用。
ミネラルオイル 柔軟性があり、延びが良い。皮膚表面に耐性皮膜を形成する。
カカオ脂 カカオ種子由来の脂肪。体温に近い融点を持っていることで皮膚に馴染む。エモリエント剤。
水添豚脂 皮脂膜にある脂肪酸を含む。皮膚コンディショニング剤。
グリセリン 植物、皮膚にも混在している保湿剤。製品の硬さや粘度を長時間一定に保持し保湿を補助。
ベヘニルアルコール ナタネ油由来のアルコール。炭素数が大きい(固く、粘りが出る)のでアルコールよりは油脂類の性質に近い。融点(熱で溶け出し液状になる温度)が高いので温度耐性の良い商品ができる。
ステアリン酸 脂肪酸。天然の油脂中に広く存在する。クリーム製造には欠かせない原料で、延び、硬さに大きな影響を与える。クリーム形成剤。

(以下は1%未満配合成分)

パルミチン酸セチル ロウ類。光沢改良剤。および粘り気を増加させる。
ミツロウ 紫粘着性を有するので、吸着性がよい。商品の延びを調整。
ステアリン酸Mg 白色顔料。顔料の分散、増粘。
(ステアリン酸/リンゴ酸)グリセリル 油剤安定剤。クリームの油性原料と水性原料を乳化させる石けん成分の助剤。乳化補助剤として配合。
モクロウ ハゼノキの果皮より得られる脂肪。融点(熱で溶け出し液状になる温度)が高いので温度耐性の良い商品ができる。
マンニトール ビタミン、アミノ酸の安定剤。乾燥物マンナから単離して得られる糖アルコール。
水酸化K 苛性カリ。アルカリ剤。各脂肪酸と中和させ、石けんをつくり水性原料と油性原料を乳化させる。乳化剤。
ブチルパラベン 防腐剤として配合。
プロピルパラベン 防腐剤として配合。
コレステロール ほとんどの動物中に存在。皮膚によくなじむのでエモリエント剤として有用。
リンゴ酸 pH調整。酸性物質として。
ビタミンA油 皮膚コンディショニング剤。
エルゴカルシフェロール ビタミンD2。ビタミンA油と併用し皮膚コンディショニングを期待する。
コーン油 トウモロコシの胚芽から得られるオイル。全般的に商品の延びを改善し、毛髪商品に配合すると毛髪にツヤを与える。ビタミンAを溶かし込む。
グリチルレチン酸ステアリル 甘草より抽出。皮膚コンディションを整えるためクリーム類に配合される。
トコフェロール ビタミンE。自身が酸化しやすいので他の共存成分が酸化しにくい。酸化防止剤。
フィチン酸 コメヌカ等から得られる。植物界に広く分布。酸化防止剤として。飲料などの褐色防止としても利用されている
香料 原料臭対策として配合。
酸化チタン 紫外線散乱剤。白色顔料(着色剤)としても有用。
シリカ 水に溶けず、熱や酸化に強い性質を利用し、顔料のコーティング剤、均一分散剤として利用される。
水酸化Al 顔料。天然ではギブス石に存在。化粧品へは、着色、収れんを期待し配合される。