ゼノア化粧品/ゼノア化粧料の通販サイト【ステラグレイ】 実店舗 町田

トップページなぜ「石けんシャンプー」がいいのか?

なぜ「石けんシャンプー」がいいのか?

  • 頭皮に必要な皮脂を残す
  • 頭皮のタンパク質バリヤゾーンの破壊を防ぐ

頭皮が健康に!

健康な髪をつくる状態に頭皮を保つ石けんシャンプー

今も男女問わず髪のトラブル(ハゲ、薄毛、抜け毛、切れ毛、ふけ、クセ毛、枝毛・・)に悩む人が、増え続けています。
これらの原因のひとつには、食生活やストレスなどの生活習慣の影響もあると言われています。

そして何より、毛髪をつくる畑である頭皮の健康状態が大きくかかわっていることはいうまでもありません。 頭皮を健康な毛をつくるいい状態に保つためには、石けんから作られている「石けんシャンプー」これに限ります!

現在、多くの人が使っているシャンプーは、いわゆる合成界面活性剤から作られた「合成シャンプー」です。この合成シャンプーこそが、はじめに述べた髪のトラブルを引き起こす大きな原因になっていると考えられます。

ただ、「石けんシャンプー」も「合成シャンプー」も頭皮の汚れや皮脂を溶かして落とす作用(脱脂力)があることは同じです。 皮脂というアブラを洗い流すために、どちらのシャンプーにも、水と脂を混ぜ合わせる役目をする「界面活性剤」が使われていることも同じです。

ところが、頭皮や髪に対する影響はまったく別のものなのです!

髪のタンパク質を溶かし頭皮のバリアゾーンを壊す

「合成シャンプー」に使われているのは、油脂やアルコール系油剤と、糖質やアミノ酸などを結合した【合成界面活性剤】という原料です。
これは、石けんとは比較にならないほど強力な脱脂力、洗浄力を持っていて、頭皮や髪にさまざまな影響を与えます。

その一つに「タンパク質溶解作用」

合成界面活性剤には、髪のキューティクルを作っているタンパク質を溶かす作用があります。その結果、髪が細くなり、枝毛、切れ毛を起こしやすくなるのです。

もう一つが「頭皮のバリヤゾーンを壊す」

頭皮の表面にも、体に有害な物質が侵入するのを防ぐための「バリアゾーン」があり、ここも脂と角質という固いタンパクからできています。 合成界面活性剤はやはりこの大事な皮脂を洗い流し、角質を溶かすので、頭皮を守るバリアゾーンが壊れてしまいます。

すると、その内部にある、髪の材料をつくる毛母細胞にも影響がおよび、抜け毛や薄毛の原因になってしまうのです。

さらにいうと、合成界面活性剤自体にも毒性があり、マウスなどの小型の哺乳類の実験では、肝臓の組織が異様な悪影響を受けるなどの結果が出ています。
合成界面活性剤を対外に排出するには日数がかかるため、長年合成シャンプーを使うことで、かなりの量が体に蓄積されていくことになります。またヘアカラーが安定してできるのも、バリアゾーンがあるからなのです。

3〜4ヶ月で傷んだ頭皮が生まれ変わり、髪質が変わってくる

いっぽう、石けんは皮膚に浸透できません。
洗い流すときに皮膚に残る分は、皮膚表面に分布している酸性物質によって自然に洗浄力が壊れてしまうので心配ありません。

また、石けんは泡切れが良いところも特長です。合成シャンプーのような体に何かがまとわり付くような感じもありませんから、体にこびり付いた花粉などもきれいに洗い流してくれます。

ただ、合成シャンプーとくらべて、使い心地が悪いという難点がありますが、ハゲや薄毛、脱毛の悩みに代えられるでしょうか。
ぜひ、ここは頑張って3〜4ヶ月ほど続けて使ってみてください。 すると、いままで傷んでいた頭皮が生まれ変わり、髪が太くなる、コシが出るなどの効果を実感するはずです!

石けんシャンプーの上手なやり方

ていねいにブラッシング

髪を洗う前にブラッシングをして、ほこりなどを取る。

熱めのお湯でしっかり予洗いする

ぬるめのお湯だと泡立ちが悪くなるので、まず先に41〜42度の熱めのお湯で洗う。
(お湯でホコリやある程度の皮脂をあらかじめ洗い流すことと、石けんの洗浄性が高温で良好に発揮されることを利用しての処置。)

石けんシャンプーをつけて洗う

地肌をマッサージするように洗う。シャンプーブラシなどでブラッシングをしながら洗ってもOK。

洗い流す

お湯で頭皮や髪についたシャンプーを十分洗い流す。

リンスをする髪のゴワゴワを解消!

ゼノアの酸性リンスαの場合
髪の量に応じて適量を、髪全体と頭皮によくもみこむ(ここがポイント!)ようにして馴染ませる。
ポイントは、ゼノアの酸性リンスα300mLのボトルの口を直接、頭皮につけて、その状態からリンスを数箇所に分けて出してあげると、無駄なく頭皮や髪全体に行き渡りやすくなります。
お酢や石けん専用リンスの場合
洗面器に7〜8分目くらいまでお湯を入れ、リンス(小さじ約2〜3杯が目安。髪の長さや量によって調整してください)を溶かす。
髪の毛を泳がすようにリンス液につけ、頭皮にもまんべんなくリンスをする。

すすぐ

リンスが終わったら、お湯でよく洗い流す。
ここがポイント!

石けんシャンプー比較表

  泡立ち 洗浄力 洗い上がり 香り 頭皮に優しい 形状
ゼノア洗髪石けんα 洗髪石けんα300ml
良い 良い しっとり ある とても優しい 液状
パックス
ナチュロンシャンプー
パックスナチュロンシャンプー
良い 良い さっぱり ある 優しい
ミヨシ無添加
せっけんシャンプー
ミヨシシャンプー
とても良い とても良い さっぱり 気にならない 優しい 液状

この記事に関連する商品